虹の橋へ


シェリーちゃん本日虹の橋をわたりました。
19歳2ヶ月5日と一緒に生活をして私達を癒してくれました。
誰からも綺麗な子といわれセリ子姫と可愛がっていただきました。

頂き物


最後の1ヶ月ほどは動物病院の先生には大変お世話になりました。
ありがとうございました。



頂き物

頂き物

スポンサーサイト

シェリーを病院へ


両目のまぶたのところが赤くはげていて、見るからに痒そうであった。
血液検査、食物アレルギーといろいろ見てくれたがこれといった原因が分からないでいた。
春ごろにもしかしたら花粉症かもしれないと息子が
空気清浄機を買ってきてくれた。
徐々に毛も生えてきてキレイに治った。
ネコ

少し前からお腹が張ってきていた。
高齢なのでシンドイ治療は受けさせたくなかったが、
多分腹水が溜まってきているのだろうと、その処置だけでもと思い
午後病院へ連れて行ってきた。


ネコ
血液検査(血球計算・6項目)
血液生化学検査
エコー検査(腹部臓器スクリーニング検査)
腹水抜く

腹水は一度に全部抜いてもいけないらしく半分ほど抜いたようです。
3時30分から5時30分かかって
循環・呼吸器薬(ベトメディン1.25mg)
          (バソトップ 1.25mg)
の薬をもらって帰りました。


毎日3時30分に起きてクーラーを消しに行き、ワン達をトイレに連れて行く。
(1日1回はクーラーも休まさなくてはいけないらしいので)
丸1ヶ月はこの状態が続いているので、
ちょっと疲れ気味のワタシです。

風ちゃんだけになると、部屋に入れる予定なので
後少し頑張ります。

シェリー血液検査  ・タマちゃん虹の橋へ  

目の周りの湿疹(赤くなって毛が抜けている)は相変わらず治らない
ステロイドの薬を飲ましていたが一向に改善されない
食物アレルギー用の改善をとアレルギー対策のフードの見本を貰って帰る。

血液検査の結果はあまり変わらない
心音が少し乱れているようなので引き続き心臓の薬を1種類飲ませることにする。

心臓の薬  アピナック(1日半錠)
体重     3.9kg



・タマちゃん
大晦日になって突然後ろ足が少しふらつきだし入院
1月4日  CT、MRI検査を実施したところ脊髄に悪性腫瘍神経を圧迫していることが分かりる
1月12日 今週、腫瘍の摘出と、背骨を少し削って、神経の逃げを作るという手術
2月15日 骨肉腫の手術のあと、一時調子が悪かったが少しずつ調子があがっり週末に一時退院
3月はじめに抗がん剤を適用
5月10日 今週末より体調不良
       以前の手術で取り切れなかった背骨のガン腫瘍がコブシ大になり背骨と内臓を圧迫       
       今後は少しでも痛みをやわらげる治療 一週間の入院する予定
  23日 本日、14時頃、息を引き取る

       腫瘍は大きくなっていたが鎮静剤が効いていたのか最後まで穏やかな表情とのことでした。 
       
       後3ヶ月で13歳
       長い間家族の一員として可愛がって頂きありがとうございました。
       
      
       タマちゃんのご冥福をお祈りいたします
   

シェリー血液検査  ・メジロ


シェリーちゃん あまり状態は変わらなく見た目は元気そうにしている。
フード・お薬が無くなってきたのでシェリーを連れて行き血液検査を受ける。
以前と殆ど数値は変わらずシッコも普通に出ているようなので
獣医さんと相談をして利尿剤の服用を暫くやめにする。



・裏庭のサザンカの蜜を吸いにメジロが群っている。
サザンカの横に植わっているお隣さんの柿が熟していて
モズと一緒に啄ばむ姿も可愛い。

ネコ

今朝のシェリーちゃん

パパさんにニャーオーと言って撫でてと催促します。
ネコ


撫でていると頭がだんだん下がってパパさんの手に頭をスリスリします。
ネコ

最後に手をペロっと舐めます。

「シェリー手を舐めるな!」と言っては
毎回同じように舐められています(笑)


リンク
うちの子いちばんBBS
リッキーママダイアリー

Jewelry Golden
ドッグカフェ Azmil
三代目タルトの日記
まんまるまある と わはわはワッハ
ももさくふぁみりぃ


管理者ページ











動物愛護及び管理
特定商取引

巣立った子達
最近のコメント
月別アーカイブ